マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

形成外科を受診しました

昨日は週1の訪問リハビリ!

緊張してばかりだった息子さんでしたが、最近は泣かずに頑張ってますよー!

息子ちゃまの後姿、初公開!(別にどうでもいいがな)くせ毛&寝癖がすごいな。
fc2_2013-12-17_16-21-13-672.jpg





さてさて、形成外科を初めて受診してきたのです。

こないだ小児外科の先生に手の温度差について相談したところ

手の形も違うから、話を聞くだけでもいいから形成外科を受診した方がいい、

と言われて、同じ病院内の形成外科を紹介されたのです。 (詳しくはコチラ


温度差だけが問題だと思っていた私達夫婦は、そりゃショックでしたよ。

だって、最悪なことを考えればまた手術になるわけでしょうし…




紹介された形成外科は、いつも通っている総合病院内。

大きい病院ってこういうところが助かるよね~

当日、新患は午前だけの対応なので朝早くから出発しました

大学病院は駐車場がすぐいっぱいになって入れないからね。



その日は混んでいたものの、比較的早めに入れて受付を済ます。

まー大きい病院だからね、かなり待つよこれは!と覚悟していたけれど

15分くらいで呼ばれる・・・この病院じゃ奇跡よ、奇跡!いっつみらこー



診察室に入ってすぐ、小児外科の先生に手の形違うって言われたのー(涙)って話す。

そして形成外科の先生が、息子の手の形を見比べて一言。



「特に異常は見られませんが・・・」





…!!?


ななななんやてワレ!?(そりゃ関西弁になるわ)



手の大きさも形も、そんなに左右差ありませんよね?って・・・

形成外科の先生も困惑気味。「なんで来たの?」ってオーラ出してる



確かにこの日の息子の小さい方の右手は、何故か浮腫んでいて大きさの区別は分かりづらかった…

いや、しかしだ

指の形も、爪の大きさも違うんですよセンセ!診て!って見せても


これは病的なものではないし、きっと心疾患の循環の問題や麻痺の影響でしょうね、って。

あぁ、あっさりとバッサリされた…


病的なものっていうのはねー・・・

と、先天性の指の病気をし始める形成外科の先生(かなり身長が高い)。



すごく優しい先生で、丁寧な説明を聞いているうちに

なんか私、申し訳ないやら恥ずかしくなってしまって

ああありがとうございましたぁ…と診察室を退室してきたのでした。





と、いうことで息子の手の大きさの左右差は、形成外科的に異常ないという結果に終わりました

結局は外科的なことじゃなくて、PVLと心疾患が原因ってことなんだね。



なんだろう…

異常なくて嬉しいはずなのに、なんだか心の中モヤモヤしてる。

んもう!小児外科の先生が大げさに言うからだよ!(ついに人のせい)

返して!私の悩んだ時間を返して!(文句ばかり言うオマエはオバタリアンか!←わー古い)





というわけで、みなさまお騒がせしました

お詫びといってはなんですが、病院にて「おや?」と思った張り紙がありましたので貼付致します。


反射しちゃったけど、一番上は「おもいやり」って書いてます



なんかすっごい、詰め込みましたよ感。






にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
「じぇじぇじぇ!倍返しムリ~」が私の笑いのツボにどストライク(笑)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/92-01ea46d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。