マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

病院の中心で不満を叫ぶ

「世界の中心で愛を叫ぶ」は観たことないです。ハイ。



あの、今回の手術に対して少し不満、というか愚痴、疑問がありますの。


停留精巣の手術説明を主治医からしてもらったのが、先週の外来でした。

手術って色んな同意書が必要じゃないですか。

同意書とかの医師の名前も主治医だったし、説明してくれたのが主治医。

手術前日から入院して、回診の時もいつも通り主治医と話したりして。


私達は主治医が手術の執刀医だと思ってたんです。



でも当日、手術室に向かう時に息子がぐずり始めたので

麻酔がかかるまで私も手術室に入室して息子のそばにいる事になりました。

そしたら違う若い外科の先生が待っていたんですね。

アレ?って思ったけど、手術直前に「○○先生がやるんじゃないですか?」って聞けないじゃないですか。


息子が麻酔かかって眠り始めたので、その先生が「じゃあお預りします」って言うから、そこで

あぁ、この若い先生が息子の手術をするんだな、って初めて分かりました。




その先生とは外来の時にカニューレ交換とかで面識はあったんだけど、

今回の手術前、1度も診察受けなかったんです。

どの辺に精巣があるかとかすら1度も触診していません。

ぶっつけ本番ってヤツですね。



先生方からすれば、停留精巣の手術は簡単らしいですが、あまりにもこれはヒドイと思うのは私だけ?


なんで執刀医を教えてくれないの?


しかもさ術後、説明が執刀医からあるじゃないですか。

入院している病院はICUの前に、面会に来る人達が面会時間まで待つ「家族待機室」って部屋があるんだけど、

そこで知らない人達がいる中、立ち話みたいな感じで説明受けました

今まで面談室だったんですけどねぇ~

知らないおじさん達も興味津々で停留精巣の話聞いてたわ!デリケートな話じゃないのかよ。



手術も成功したわけだしさ、本当に感謝してるから文句言いたくないんだよね。

でも今回のは納得出来ないんだよなぁ




そして当の息子ちゃまは、喘息になっちゃいましたぁ

しかも下痢ピー&胃残が多めで、退院は延びそうです。

頑張り過ぎちゃったのかな




ランキングに参加しています☆にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
病室の洗面所の水道が勝手に出たり止まったり、というホラー現象がおきました。
結局は故障だったんですが、大部屋にうちだけだったので怖かった~(;_;)
スポンサーサイト

Comment

手術お疲れ様です!

付き添い、なかなか疲れますよね。。
何はともあれ、無事手術終わって嬉しいです(*´▽`*)
傷の小ささに、手術の不安がすぉーこし軽減します!

そして、我が子も喘息です。゚(´Д`)゚
吸入がかかせません。。
なんだか、とっても親近感を感じました!!
お互い頑張りましょうね☆

早く退院出来ますように!
2013.06.18 01:24 | URL | hiromama #- [edit]
>hiromamaさん

またブログに来て下さって、とても嬉しいです♪ありがとうございます!

手術痕は本当に小さいと思いますよ。
うちの場合はタマタマ袋のキズより、お腹のキズの方が大きいか
な?って感じです。

タマタマ袋のキズは医療用の接着剤がまだついているので、よく分かりませんが…


お子さまも喘息ですか!共通点がたくさんありますね!

喘息は今の時期大変ですよね

今回の息子の喘息は、手術の際の麻酔によるものだそうです(/_;)

病院でガッチリ良くなってから退院させてもらおうと思います!
2013.06.18 22:31 | URL | apricot #kKkWy9Es [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/47-341c956c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。