マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

妊娠中7 破水~出産

前回の記事の続きでやんす!



個室で一 人になっても、よく状況が把握出来ない・・・

当時は早産とかよく分かってなかったから(考えないようにしてたんだけど)、

10月予定日なのに、なんで8月の今に陣痛きてるんだ???って頭の中でグルグル

この時の陣痛はまだ余裕で、看護師さんや主人と普通に会話が出来てた。

たまーに、イテテテッって大げさに騒いで、主人に腰さすってもらうくらい余裕だった。



看護師さんが離れて、主人と陣痛室で二人きりにしてくれた。

やっぱりこの時も、早産のリスクや赤ちゃんの病気の事よりも

ちょっと早いけど、いよいよお腹の中の赤ちゃんに会えるのかーーーー

っていう会話ばかりで、ドラマみたいな期待感の方が大きかった。




産むの怖いけど、赤ちゃんに早く会いたいねえへへーーーみたいな会話をしてる時、

急にお股が濡れた。

破水だった。

しかも見たら真っ赤。



ちょうど看護師さんが来てくれて、うーん、けっこう出血してるし分娩室に移動しましょう、って移される。

陣痛室は多分1時間もいなかったから、破水してベット汚しただけな気がして少し申し訳ない気持ちだったな。




分娩室で「破水って真っ赤な血なんだなー」って不思議に思いつつも、

急激に強くなっていく陣痛に半べそ状態。

とにかく痛い痛い痛い痛ーい!って時に、「NICUの○○です」って知らない若い先生登場。

なんで今!?と思いつつも

「産まれたらすぐNICUに連れて行きます。赤ちゃんの状態をみせてくださいね」と言われるが

正直、陣痛が痛すぎて返事も出来ていなかったと思う。今思うと無視してしてたんだな・・・




もうとにかくイタイイタイ・・・

赤ちゃんがどんどん下がってくるのが分かって、あーここで踏ん張るのか!って感覚があったので

思いっきりフンガーッって踏ん張るも全然出る気配なし。

でも赤ちゃんの頭が見えてきたらしく、

先生がボソっと「この子、頭でかいな・・・」って言ったのを私は一生忘れませんよ。



なんか私自身も意識が遠のいていく感じがしてたら、

「先生、母体の血圧が!」みたいな看護師さんの声が聞こえて、ちょっと復活。死んでたまるか。

先生も「吸引(分娩)に切り替えます!」みたいな感じでバタバタ。



先生が、「次踏ん張るとき、みんなで言いましょう!」って言ってくれて

いち



さーん  で、スポーンじゃないけど「あ、なんか出た」という感覚と同時に赤ちゃんの泣き声が。



妊娠33週6日目
2011年8月29日 AM7:19 息子誕生



でも、産まれた赤ちゃんの泣き声はオギャーオギャーじゃなくて

声にならないゴボゴボとした、うがいしているような、おぼれているような、苦しい感じ。

看護師さんも「なんかうがいしてない?」みたいな感じでボソボソ。

(今思えば、食道閉鎖症だったから羊水がつまってたんだろうね)




あー、やっと産まれたのかー。意識朦朧の中、私の子に会いたい、見たいと思ったら

「ほら、赤ちゃんですよー」って少し遠めで先生が抱えてくれて、ちらっと見えただけ。10秒も見れなかった。

タオルで拭かれながら、NICUの先生に聴診器あてられて、あっという間に保育器IN。

NICUへ移動してしまいました。

そして、赤ちゃんだけではなく、産後の自分の体にも異変が生じたのです。。。





続きはまた今度




ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
なんか今思い出して書いてたら、母親なのに産まれた子の顔すらまともに見れなかったなんて
すごく悲しいなって涙が出てきちゃったよ
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/37-5d46c042
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。