マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

妊娠中5 羊水過多の原因


最近は気温も上がって過ごしやすくなって来ましたね~

昨日もポカポカだったのでお散歩しましたよ。



耳の影響で、笑ったりするとどうしても下を見ちゃうんだよね

勝手に眼球が動いてしまう様子。

息子の写真は下向いたのが多いなぁ・・・しょうがないかっ!



さて、「妊娠中」シリーズも終盤に近づいてまいりました(笑)。


緊急入院し、絶対安静。

歩いていいけど、病棟内のトイレとお風呂までです!っとな。

出血しちゃってるから、しょうがないな・・・

張り止めの薬(ウテメリン)を点滴されて、横になってばかりいました。




何度かエコーをしてもらい、准教授(今は教授になった方)にエコーしてもらった時に

「あー、胃袋あるね!発見しました!」って言ってもらえて、

なーんだ、あるんじゃん。んもー、驚かせやがってー!んもーっ!

と安心しちゃいました。



そん な気分もやっぱり束の間、

「でも、口は動いているんですが羊水が飲み込めていない様子です。」

おおおおぉぉぉぉぃ・・・・やっぱり異常があるんですね、私の子。



この後、准教授は丁寧に説明してくれました。

●羊水が飲み込めていないので、胃袋が膨らまず見つけずらい状況だった

●飲み込めないので、羊水がどんどん増えて羊水過多になってしまった

●妊娠中はへその緒から栄養がいくので、少しずつだけど成長は可能


でも、私を不安にさせないように「ただ食道が詰まったり、ねじれているだけかもね~」

って優 しく言ってくれたので、単純な私は



産まれてポンポンって背中を叩けば、詰まりやねじれがとれるのかなー



という、その程度でしか考えていませんでした。


当時の私に「あんたそれが食道閉鎖だっての!食道つながってないんだっての!」と

頬を叩きながら教えてあげたい。


もうね、単純でバカなのね。あと現実逃避ってのもあったんだろうけど。





その日から何度かエコー検査をし、ある日何人かの先生が集まってきてボソボソ。


嫌な予感。この頃のアタシは敏感でしてよ?


その中の一人が初めて診てもらった時の先生だったんだけど

「こないだエコーした時、手がグーのままで開かなかったんだよね」って言ってて、ものすごく気になった。

(今思えば染色体異常を疑っていたんだろう)



ボソボソが終わり、准教授が近づいてきて


「あまりに羊水が多いので、これから針を刺して抜きます」

「あと、抜いた羊水を染色体の検査に回した方がいいと思うので、同意書を書いてもらいたいんです」

と、優しい顔で言いました。



羊水が多いからお腹が張って、切迫早産になるのが時間の問題らしく、

とにかく急いだ方が赤ちゃんの為にもなる、という説明を受けて部分麻酔後すぐ施術。


お腹に太い張りを刺された瞬間、

かなり痛いんですけど!!という私の言葉と同時に

お腹から噴水のようにピューーーーーッっと羊水が・・・


・・・なんだ、この光景。



その後にカテーテル入れられて1時間くらい抜かれる。

ジョロジョロ羊水がカップに流れる音が聞こえてた。

その間、ずっと染色体異常検査の事考えてて、

今抜かれてる羊水がただ捨てられるよりは、検査に出した方がいいのかなって思って

同意書にサインをした。



何cc抜かれたか分からないけど、その後体重計ったら3kg減ってた。

そりゃー33週くらいなのに、臨月並みのお腹になるわけよ。


「多分、また増えると思うので来週も抜きましょう」って



でも、この羊水を抜いたことで状況が一気に変わったんだよね・・・

日に日にウテメリンの点滴の量が増えていくのでした


続きはまた今度




ランキングに参加しています☆
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
週末明けたら桜咲くかな?そんな感じで(?)クリック!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/21-0a9fdd57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。