マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

がん発覚から1年

どうも。

近所のネコの糞害に悩むapricotです

どこのネコか知りませんが、我が家の庭にプリプリして行きます。

去年、長期入院した時にもあったんですけど

その頃の我が家はパパリンだけの寝床と化していたので、

日中は人気がなく、猫がプリプリ便意をもよおすのは理解出来ます。

でもさー、今は住んでるんだぜ?庭で洗濯干すし

人気たっぷりの日中はまあまあ音するよ?よくラジオやCD聴くしウンバボ踊るし←

一体いつプリっとしに来てんだー

んで、どこのネコちゃんなんだー

私は動物大好き家族で育ったので、ネコちゃんが痛くない方法でプリを止めさせたい今日この頃です。







そんな去年もネコ糞害で悩んでいましたが、まあ糞害の話はまず置いときましょう。








息子の悪性腫瘍発覚から1年が経ちました。

早いなー。あっという間でした。






今回は思っていることをハッキリと書こうと思います。

暗くなっちゃうし、不快に思われたらスミマセン。でも書きます。

当時の経過をこのブログでも書いていたわけですが、

今思うと息子さんはおそらく5〜6月くらいに発症していたんだと思います。(私予想)

7月に発熱し受診をしましたが、当時は尿路感染と誤診されていて、

CRPを下げるために毎日通院し色んな抗生剤を使われました。

通院だけではなく入退院も繰り返しましたが結局CRPは完全には下がらず

お腹がパンパンになり、これはおかしいなって事でCT撮ったら肝臓にはすでに巨大な腫瘍が出来ていて

気づくのが遅れたので、肺に転移していた状態だったわけです。






正直、息子はこの世からいなくなってしまうだろうと思ってました。

先生にももたないかもしれないと言われていたし、

当時の息子を見たらみんなそう思ったと思います。

呼吸状態がかなり悪かったので。







それが、CVポート造設の手術を受け化学療法が始まり

幸いにも薬が合ったので劇的に回復し、肝腫瘍もかなり小さくなり切除の手術も成功、

化学療法も全て終わり、寛解となって今お家で過ごせています。

当時息子に関わって下さった方々、ブログを通じて応援して下さった方々には今も本当に感謝しています。








私は治療が始まって息子が回復し始めた頃に「恨みたい気持ち」という記事を書きました。

今は読み返してみたら、なんかキレイ事ばっかだな〜って思ってます。

あの頃は嫌なこと考えたくなかったからなのか、前向きになりたくて

あんな風に書いたのかな、って他人事みたく思えました。



正直ね、まだたまに恨むことがあります。腫瘍が分かるまで担当してくれた先生のこと。

その記事に書いた頃は回診来てくれてたけど、

しばらくしてパッタリと来なくなったし、いつの間にか違う病院に移動して今はいません。

一言でいいからいなくなる前に何か言ってほしかった。






前も書いたけど、恨んだって過去は変わらんのですよね。

とにかく、このことについてはただただ腫瘍が再発しなければ良いのです。

恨む気持ちはきっと無意識に表情に出ちゃうから、息子にも気づかちゃうかもしれないしね。







治療で入院していた時、一緒に頑張っていた2人のお友達が亡くなってしまいました。

病棟で急変し、ICUに移動が間に合わなかった方もいました。

いまだに信じられないんですよね。

また入院して、病室のぞいたらみんな居そうな気がします。









入院中、考えさせられることがたくさんありました。もちろん命や病気についても。

何もない普通の毎日が一番幸せなのかな、って私は思います。

普通の日は幸せ、楽しかった日が特別幸せ、みたいな。










がん発覚から1年。

毎日大切に過ごしたいなと改めて思った日でした。




fc2blog_20150816141623f03.jpg










にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
意気込んでいた家庭菜園でしたが、ほぼ失敗に終わりました
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/195-743b2af4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。