マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

不安Part.2 補聴器

前回の門脈問題、その後も体調悪くなることなく、いつも通りに過ごしています。

一体なんなんでしょねー。ハラハラが止まりません。

ちなみに化学療法中(抗がん剤治療)に、息子さんみたいに

腸から門脈にガスが逆流する場合があるらしいです。

でも、もう一度書くけど化学療法中の場合ですぞ!息子さん、2月に治療終えてんぞ!!

体に薬残ってんのか?

ノンノン!モサモサ生えてきてる髪の毛が、薬抜けてる証です

今週また外来なので、門脈問題落ち着いているといいんだけど…







んでんで今回は、前回の続きの不安な出来事part.2

門脈問題の前日、耳鼻科の外来でした(連日の病院ってイヤよね・・・)

耳鼻科には、腫瘍発症前はトゥリオ現象の経過を3ヶ月おきに診てもらってたんだけど

退院後は化学療法の副作用で聴力障害が出る可能性があるので

聴力検査をしてもらいに行ってます。






息子さんが初めに受けた検査はOAEという、

耳にイヤホンみないなものを入れ、様々な周波数の音を流して

内耳に反応あるかを調べるものらしいんだけど

息子さん、耳にイヤホン入れられるの嫌がる…

検査中動いたり、イヤホン取ったりしてなかなか検査が出来ず何回か通うもダメ。






んで、OAEは難しそうだから違う検査にしましょう!ってなって、検査の名前は分からないんだけど

防音の検査室にテレビとスピーカーが左右1つずつあって

左右どちらかのスピーカーから音が鳴って、振り向くとテレビがつく




↑みたいな感じ(こんなんで分かるかよ)の検査をしました。




この検査1歳くらいの時もやってて、その時は問題なくクリアしたんだけど

もうすぐ4歳になる息子さん、色々と状況を把握してるのかよく分からないんだけど

検査が始まるとソワソワし出し、(真後ろにいる)私を探すわ、無意味に声出すわ

挙句の果てには自分が乗ってるバギーの布地?をカリカリ引っ掻いて、その音?感触?で笑い出すわ…

まったく検査に集中せず




あー、こりゃまた何回か通わなきゃいけないなぁ、今日は中止かなーって

検査技師さん見たら、ガッツリ検査結果カルテに貼ってる・・・

へー、こんな感じでも検査出来てんのかーって能天気に考えてたら、




中度〜重度難聴の疑い、補聴器が必要かも、だそうです。





いや、そりゃそうだろう。

きちんと検査出来ていないんだもの。

先生もさ、化学療法の副作用の可能性がありますね、って言うし。






確かにさ、聴こえは良い方じゃないかもしれないけど

呼べば振り向くし、音の出るオモチャで遊ぶの好きだし、耳かきするよーって言うと耳押さえるよ?

むしろ、音に敏感でビビラーなんですけども?

トゥリオ現象が起きるのも、音に敏感だから起きるんでしょ?





トゥリオ現象…息子さんの場合ですが右耳の内耳回りの骨が薄く、
          聞こえた音を正常に脳に伝えられないため、苦手な音を聞くと眼振が起こります






って色々おうちでの状況を話したんですけど、

「検査結果が良くないからね…」だそうです。






その後もお話したんですが、息子さんみたく障害があると検査は難しいということで

近々入院し、眠らせて聴こえ方の脳波を撮るABRという検査をすることになりそうです。

確実にこの検査が必要かどうかは、次回聴こえ方専門の先生に診てもらい判断してもらいます。






私自身は息子さんと生活していて、聴力には問題ないと思っていたから

「補聴器」というワードが出て本当にショックというか、なんというか。

腫瘍の再発だけでも怖くてドキドキしながら過ごしてるのに

またか違う問題か…って感じだよ。

門脈問題もあるし。








聞こえてると思うんだけどなー。

親のひいき目なのかな。












リハビリ頑張ってるぜー。









にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
今年の東北は梅雨入りしないんでしょうか
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/190-06597a33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。