マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

執刀医

息子さん、とても順調ですー

あんた、ほんとうに半日がかりの手術受けたんだべか?(寒い季節には東北弁がよく似合う)

って思うくらい、元気いっぱいです


やっぱ体の中にいた悪い奴がいなくなったせいか、日中は酸素を流さなくても良くなりました

夜はまだ必要だけど、日中酸素つけないだけでも超ラクー。





術後13日目には抜糸もしてもらいました。

かなり大きい傷になっちゃったけど、思っていたよりキレイです

また一つ頑張った証しが増えました。

本当に生まれた時から、今の病院の小児外科の先生方には感謝してばかり。







そうそう。

今回の手術、どういうわけか未だに知らないんですが、手術2週間前に執刀医が急に変更になったんです。

初めに決まっていたのは腫瘍専門医で、今回執刀して下さった先生は専門外です。

(ややこしいので今回の執刀医をE先生としますね)


E先生は今まで息子の担当になってもらったことはなかったんですが、

入院中や外来で色々相談に乗ってもらったことがあったので、元々信頼していました。





E先生が執刀医に決まった日から、毎日のようにエコー等検査をしてて、他の科の先生がたくさん息子を見に来てました。

本当に毎日検査してばかりだったから、あっという間に手術が近づいてきて

手術3日前くらいだったかな?思わず

「手術まであっという間に感じました」
って言ってしまったんです。



そしたらE先生が

「僕がこの手術をやるって決まってから、毎日このことばかり考えてます。

今以上に手術のトラブルことを想定して手術に臨みたいから、もっと時間がほしいくらいだよ」

って言ってて…



あー…なんて私ってば自分の事しか考えてない発言をしてしまったんだろう、と後悔。。

それと同時に、ここまで息子の手術のことを考えてくれているんだ!って思えて

それまでは不安でいっぱいだったけど、E先生なら大丈夫だ!って気持ちを切り替えることが出来、

その日以来、嫌な結果を想像することはなくなりました。








手術前日まで手術内容が変更になったり、やっぱり不安ばかりで。。


前日の回診の後、夜に一人だけE先生が来たんです。

今までの執刀医はそんなことなかったから、どうしたんだろ?って見てたら



何にも言わずに息子の頭なでてたんですよね。しばらく。


で、ボソッと「明日頑張ろうなー」言って部屋から出て行ったんです。


なんかそれが今でもすごく印象に残ってるんですよねー。

そしてなんだか泣けてくる…






手術の時間はすごくかかったけど、手術終わってICUで会った時の

「無事終わったよ!」って言った時の笑顔も、なんかいつもと違った気がしました。

E先生にとっても今回の手術、すごくプレッシャーだったのかな…





術後もきちんと処置してもらい、傷もキレイ

今も週2回くらい肝臓エコーしてもらってます。

今のところ肝不全も下大静脈の狭窄も問題ないよ!\(^o^)/

息子さんも感謝の表れなのか、エコー中は常にE先生の小指を握ろうとしてます(笑)






今回E先生に執刀してもらって、なんだか心がほっこりしております。

もちろん!今までの主治医も外科の先生みんな信頼しているけど、

なんだか病気だけではなく、息子のことを大事に考えてくれた気がして、嬉しかったです。








本当に、本当に、本当に、小児外科の先生方には、頭が上がりません!!


いつも息子の命を救って下さり、ありがとうございます!!











本日の息子氏。





しばらく抗がん剤治療してなかったら、髪の毛とまつ毛が生えてきたー。

ちなみに背中毛もすね毛も!





おわかりだろうか。

数本の長いまつ毛は、つらい治療に耐えた勇者達である。

チョビチョビと生えてきたのは、未来を担う勇者達である。



…勇者、どんだけいんの








にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
ポルテの前にガルボを食べてしまった…
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/167-e5bdab45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。