マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

母乳が止まらない

こないだ担当の保健師さんか電話があって、転勤のお知らせでしたー

すっごく優しくて、息子のこと色々心配してくれていたので、

本当に残念!あと感謝の気持ちでいっぱいです。

でも「お母さんはいつもサバサバしてるから、逆に心配でしたよー」って言われて

・・・ん?わてがサバサバとな?

って引っ掛かりましたわよ。鯖は苦手ですけどね

私なんかも悩んでジメジメするよー。むしろジメジメのかたまりで私周辺カビそうだよー。






というわけで、今回は自分のことを書きたいと思います。



息子を産んで2年半経ったわけなんですけども、

私、恥ずかしながら今も母乳が出るんです。オパーイ。

といっても、常にダラダラではなく、絞るとタラーリ出る程度なんですけどね。

まだ母乳出るな~って気づいてはいたんだけど、

一度も飲ませたことないから、止まるのも遅いのかな?なんて軽い気持ちでした。

でもこないだ乳ガン検診受けて、医師に指摘されて初めて、えっ?って感じで・・・。



母乳が出続けると不妊になったり、脳腫瘍(下垂体腺腫)が出来ている場合があると説明を受け…

やだーもうやだー!!と私、かなり不安になり涙目

でも、お月様は産後は順調に来ているので、

「大丈夫だと思うけど、念のためにホルモン調べておきましょ!」って言われて採血してもらいました。




それで先日検査結果を聞きに行ってきたんですけどね…

母乳(プロラクチン)卵巣(エストラジオール)ともにホルモンに異常はありませんでした

あぁ…よかった、実によかった…。



でも、そうなると、このノンストップ母乳ちゃんはどうするのか?という話になりますよね。

先生に相談すると、

「次の子が今すぐ欲しい!と思うなら、薬で母乳を止めた方がいいけど、まだ息子さん大変なんでしょ?」って。


この先生には今の息子の事は説明済です。
 というか妊娠中に通っていて、息子の異常に気づいてくれたのがこの先生でした。
 ガン検診の時に、私のことを思い出してくれたようで嬉しかった~!


ホルモンに異常がなければ、母乳止まらなくても大丈夫なんだそうな。

母乳出る体が気持ち悪いぜ!っていうなら止める薬出すけど、飲んでる間しか止まらないと思うよー

って話なので、別に止まらなくていいなら止めなーい!って事にしました。



今回のことで心配になったのは、私がもし入院したりしたら

息子さんは誰が見ててくれるの!?ってこと。

だからママって、体調崩せないように自己管理が大事なんだよね。

万が一の時に備えて、ショートステイ先は確保しておかなくちゃいけないな、って思った今回の件。

この年になると、色々不安が増えちゃうのだね・・・






この日は病院終わって、息子とパパと仙台の泉にある七北田公園に行ってきたよ

この日は雲ひとつないくらい天気が良くて、とても気持ちよかったです。

fc2_2014-03-30_23-09-04-306.jpg


息子さんも楽しそうで何よりだよ♪
fc2_2014-03-30_23-22-02-038.jpg





オッパイ!







にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
増税になってしまったわ・・・
スポンサーサイト

Comment

こんにちは~☆
気持ちよさそうなお散歩ですね♪
息子ちゃんも、いい笑顔(^^)

そうですよね、自分が倒れてしまったら、子どもはどうしよう?と考えると
体調を崩せないですよね。
私も、ショートステイは利用しているものの
急に今から利用したい…ということはできないし
もし受け入れてもらえたとしても、自分しか連れて行く人がいない!っていう状態になりそうです。

自分と夫以外の身内に、せめて痰の吸引ができる人を作りたいなぁと思うのですが
あれって、なかなかハードルが高いですよね…i-201

そうそう、私も搾乳期間が長かったからなのか、なんなのか、
母乳を絞れば出る…っていうことがずっと続いていました。
ふたばが2歳を超えてからは減っていきましたが。
今ではスッカラカンです。

apricotさん、ホルモンに異常がなくて、本当に良かったです。

2014.04.04 16:19 | URL | みっち #- [edit]
Re: こんにちは~☆
>みっちさん

いつもありがとうございます☆

母乳止まらない&ホルモンも異常なくてよかったんですが
定期的に母乳絞っておかないと乳腺詰まるんじゃないのか!?と不安になっちゃいます。
(実際そんなことはないらしいですが)
自然に止まってくれるのが理想ですが、きっととまらないんだろうな~。

こちらの地域では、障害児のショートステイ先が少なくかなり限られているので
いつもいっぱいらしくって・・・あと色々条件があるようでなかなか難しそうです。

あ、うちの場合は主人以外におばあちゃん(実母)が痰吸引出来ます。
家族以外にもう一人吸引出来る人を探す、というのが在宅生活に移るための病院からの条件でした。
実母はいまだにかなーり緊張して吸引してくれていますが、本当に助っています。
2014.04.05 00:33 | URL | apricot #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://apricot6969.blog.fc2.com/tb.php/118-05dc38e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。