マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

偽膜性大腸炎、再発

暑いですねー

私が住んでいる東北地方はまだ梅雨明けしてないのに

もう夏なのかちら?って感じに暑いです。

主人と息子は毎晩アイス食べてます。アイス、というか、ポッキンアイス。

あ、ポッキンアイスって方言?チューペットだっけ?

まー、かき氷のシロップみたいな味がして、冷凍庫で凍らせるアレです!

この時期の冷凍庫はアレが邪魔していて困るのです。





というわけで、息子話。

前回プレドニンの副作用でなかなか眠れない〜!と書きましたが

減量してもらった翌日から段々眠れるようになってきました

あぁよかった…睡眠は大事だからね。可愛い寝顔も見たいし(さりげなく親バカ)。

減量しても今のところ喘息の悪化もなく、特に変化なく過ごしていたわけなのですが・・・





ある朝のうんちちゃん。(最近うんち話ばかりでごめん)

あら?何コレ、ゼリーみたいな粘液便だわ…

と、その直前のうんちちゃんまでは普通のだったのに

突然プルプル、スライムのようなうんちが出たのです。



退院してから、喘息の状態とプレドニン減量のために週1で小児科通っていて

たまたまその日の午後から受診だったのです

ついでだから、このうんちちゃんも見てもらお〜、とそのオムツ持って行っていきました。

少し嫌な予感はしたんだけど、退院の時に細菌のクロストリジウムは陰性だったから

きっと大丈夫だろう、と思ってたんだけどね…






病院着いて先生に粘液便出たーって話したら、緊急で便培養出して下さって

結果、クロストリジウム(+)

…陽性じゃん

偽膜性大腸炎の再発です。






一応下痢してないし、お腹の動きもよかったためまた入院せずバンコマイシン処方

近所の薬局に急いで取り寄せてもらい、その日の夜から内服してます。





…ギィエエエエエーーーーー


しぶといよ、しぶとい!クロストリジウムしぶとい!!

あんた退院の時に陰性を2度も確認しているのに、何故にまた増殖しやがった


お前ら無駄にタフ。

ただただ怒りです。







当たり前だけど、しばらく通園は諦めました。

しれっと夏休み明けに新入園児に紛れて登園する気でいます。

引きこもり生活も延長…

お散歩とかはいいんだけど、こんな暑い中行った方が危険

あー、退院してから全然人に会ってないし話してない。

唯一会話できる身近な主人は、暑さに疲れて夜はすぐ寝てまうし。

最近は訪問看護師さんとしかお話してないダメ人間です。

だって通園行けないんだもーん。

いいわ、もう。息子可愛いから。





引きこもり生活で本人も飽きてきたご様子。

黙々とうつ伏せの練習に励む息子さん。



うつ伏せまではスムーズにいけるけど、戻り方がまだ分からずもがいております。

人工鼻があらぬ方向に・・・




あ、そうだ。

ちなみに喘息の方は落ち着いてましてプレドニン5mg→4mg/日に減量出来ましたよ。






・・・いやーそれにしてもマジ許さんぞ!

今回は早めの対処だったからか、下痢も緩くもならず変化なしだけど

もう息子さんに余計な薬を増やすな~











早く外出たーい。








にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
先月柱に足の小指ぶつけて血豆出来て、やっと治ったと思ったら今度はカートで同じとこひいた。
ダメだ、爪が力尽きそうだ。









完全趣味!勝手にオススメSong その8

高橋 優 /素晴らしき日常 (2010)

当時ラジオのパワープレイになってて、聴いた時は歌詞がすごい印象的だった。
このミュージックビデオにも歌詞出るから興味ある方は見てみて!他の曲も歌詞が素晴らしいと思います。

スポンサーサイト

退院したよー

湿気だな 髪の毛くるり ボンバーヘッド

・・・梅雨のジメジメを前向きにとらえ、素敵な俳句にしました。






ってわけで、息子さん退院しました〜。

と、言っても、全回復したわけではなく

主人の仕事休みの日に、先生が退院の日を調整して下さったのです。

荷物が多いので私1人だと山積み台車と息子さんバギーを押すなんてムリムリ

本当に有り難いです。





まず、偽膜性大腸炎の症状は入院中に治りました。

前回はバンコマイシンを2週間以上内服して、まだ下痢だったけど退院。

退院後、うんち普通になるも、すぐ下痢に戻り発熱し今回の入院。

偽膜性大腸炎の再発、

というか、細菌クロストリジウム・ディフィシルが消え切っておらず

バンコマイシンも止めたので、残ってたヤツらがまた増殖したんでしょうね

なので、今回は下痢が落ち着いてからも便培養を2回してもらい

クロストが陰性になったのをきちんと確認してもらいました。

だからお腹の方はもうダイジョウブイ!



んで問題なのは、今回も偽膜性大腸炎で入院したんだけど

結局メインは入院中に起こした喘息発作になってしまってわけでして…

末梢からプレドニンを入れてもらってたんだけど、効果出るのがゆっくりで

酸素を離脱するのに時間がかかってしまいました。

朝起きて回復したな〜と思っても夕方になるとサチュレーション不安定になったりとかね。

(私の中で夕刻は魔の時間なり。)



酸素離脱出来たところでプレドニンを抹消から内服に切り替えて、

注入もソリタじゃなく薄めのエネーボを入れられるようになり、やっと退院になったわけです。






プレドニン内服のおかげで息子さんはおうちに帰って来ても体調崩していませんが

やはり副作用が出てるんですよね


とりあえずハイテンション。

よく笑ってます。私がため息をついただけで大爆笑でチアノーゼです。

あと食欲増進。

だけどこれはチャンスと前向きに捉え、ガンガン経口で食べさせてます。

体調を崩し続け、MAX16㎏だったのに対し今は12㎏…

痩せて服がブカブカで、最近はラッパーみたいなファッションになってますYO

エネーボもいつも通りの濃さに戻せたので、今の調子でいけばお肉になるだろう





と、この2つの副作用だけなら見ていてほほえましく捉えれるんだけど

もう1つの副作用は睡眠障害、眠れないようなのです。

いつもなら21時過ぎにはすんなり入眠。朝まで爆睡なのに対し

プレドニンが始まってから夜も目がランランとし、寝ても30分くらいで目が覚めちゃうのです。

本人も寝たいけど寝れない、アレ?おかしいぞ?って思ってるようです。

眠れず体は疲れているのに、気持ちはハイテンション。かわいそう。



先日、退院後のフォローで小児科受診。不眠を相談したら

喘息の方はまだあやしいけど、長く使う薬ではないし不眠ならと

プレドニン減量してもらいました(10mg→5mg/日)



これで不眠解消されればいいけど、また喘息発作起きないといいなあ。






しばらくまたひきこもりDAYSだけど、ここ最近はバタバタしてたから

おうちでのんびりーまったりーして過ごして、体調良くなればいいなと思います。

THE 静養。これに尽きるね。






あ、体調不良で散髪延期してて伸び放題だった息子髪の毛



ミラクルヘアーでトロール人形と化す。うん、似てる。









退院してから、暑いのしんどそうだな~って思いバリカン使用。切り過ぎる(刈り過ぎる?)







・・・息子さん、メンゴ!











にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
入院中、夜中にオモチャが急に鳴ってマジビビり









完全趣味!勝手にオススメSong その7

Scissor Sisters / I Don't Feel Like Dancin' (2006)


疲れてるときはアガる曲を~♪ でも、気分や体がついて来ない・・・たしかそんな歌詞だった気がする

回復

息子さん、やっと回復してきました

今回もコメントやメール下さった方々、ご心配いただきありがとうございました。



まず、今回の入院は先日下痢と発熱で救急外来に連れてってから回復せず

その2日後に外来連れってって、そのまま入院となったわけです。

でもその時は本当に下痢と発熱だけで、息子さんも辛そうながらも笑う余裕はあったのです。




で、入院した夜から少し痰増えてきたかな?って思ってたけど、その日は普通に寝れたからあまり気にせず。

次の日、起きた時は普通だったのが夕方から咳と痰が止まらなくなり

明らかに息子の表情と呼吸がおかしくってナースコール。

先生や看護師さんがワーっと来て、アンビューや酸素ガンガン上げて下さって助けてもらったのです。



今回具合悪くなった原因は、まず胃腸炎ではなくこないだの偽膜性大腸炎。

前回の抗生剤バンコマイシン内服で菌が消え切ってなかったので

また下痢と発熱が出てしまったのです。

それに加え、偽膜性大腸炎で弱っているところに

いつもより大きめの喘息発作がドカーンとやって来てしまったというわけです。

(肺炎かと思われたけど、肺のレントゲンが数日前の救急外来で撮ったやつよりキレイになっててズコッ!って心の中でなったよね)






一時は酸素7リットル流してましたが、久々登場のプレドニン様のおかげでだいぶ減らせる事が出来てます。

熱は割とすぐ下がり、下痢Pはバンコマイシンを前回より多めに内服していて

先週末から水下痢P脱出して、かわいいいつものウンPに近づいています。





もちろん、こんな状態になってしまったので

浮かれていた小児外科でのカニューレ抜管は中止。

でも、今回のことが抜管後だったら…と思うとゾッとします。

私の勝手な予想だけど、ICU行ってたんだろうな、って思います。

まだまだ息子さんには気管切開が必要なんだと痛感。

早く声が聞きたくて、会話がしたくて浮かれていたけど、これが現実なのですよね。

まあカニューレ抜管の話はなくなったわけではないと思うので、相談出来る状態になったら

小児外科の先生に話を聞いてもらいたいと思ってます。








回復して元気になってきたので、暇を持て余す息子。


1人かくれんぼをするも、足が出まくり


今回も感染の心配があるので個室で部屋から出られません(>_<)

大好きな散歩が出来ず、かなり暇そうです。









しかしながら、久々にこんな状態な息子さんを見て、私怖くなって吸引する手が震えてました…

状態がおちていくのがあっという間だったので、本当に怖かった。

障害児の母やってんだから、どんな時でも冷静に対応出来る母じゃないとダメですね。






酸素外れるのと、点滴外れるまであとちょっと!


早く帰ろうZE.






にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
誰だよ床頭台に香水かけたやつ(怒)