マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

検査終了!あと髪の毛!

バタバタバタバタ…

治療後の検査三昧で、慌ただしく過ごしておりました

聞いていた検査の数より大分多かったのです。

私の勝手な予想だと先々週には検査が終わって、先週のうちに先生から話があるのかな?

と、思ってたんだけど、先週で全部の検査が終わりましたー。

予想あまかったわ~^^;



CT(肝臓と肺)、MRI(肝臓と肺と脳)、心エコー、聴力検査(結局やってもらった)

あと前から変わらず週1での腫瘍マーカー、AFPのチェック。

この検査結果で、肺転移の腫瘍切除の手術が必要かが決まります。


今週中に話がある感じです。


はぁ…ドキドキだな。

怖いな。

まぁ、なるようにしかならないから、とにかく結果を聞くのを待とうと思います。






当の息子さんは、とても元気です

まだ骨髄抑制が残っているのか、血小板の数値が不安定だけど、輸血はギリギリでなんとかなってますσ^_^;

そういや、半年間ともに治療と戦ってくれたCVがついに2ラインとも詰まり、

感謝の会という名の抜去をしてもらいました(笑)ありがとうcook5.0

いやー!CVないと着替えとか楽チンですぱい




髪の毛もだいぶ生えてきました~



噂に聞いてたけど、治療後は髪質変わるみたい。

前はくせ毛で太くて硬い髪質だったけど、

新しく生えてきたのは、柔らかすぎて細い。




元気になって、寝返りを自分で楽しんでやるようになったので




後頭部がハゲております。

生後3ヶ月くらいの寝ハゲの赤ちゃんか(笑)










何はともあれ、結果待ちです。


手術の必要がない、って言われるのが理想の退院だな~。



















帰りたいなぁ。










にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
おら、東京さ行ぎたい。
スポンサーサイト

いいわけあるか

「息子くんはいいですね!

お腹にいる時から病気だったんでしょ!?

うちの子なんて元気に生まれたのに、急に病気になっちゃって…」

って言われたんですけど、私どうしたらいいのかなぁ。

うちの子、病気で元気に生まれなくて、さらにまた病気になりましたけど。





息子のことを聞いてきて、そういうこと言われることがあるけど




あー、よかった!

うちの子妊娠中から病気で!

心構えが出来るし、安心ね!







なんて思ったこと一度もないよ




ある程度治る病気ならまだしも、

大きな病気なら誰でも嫌でしょうよ。

それが難治で、さらに我が子なら

親なら心配で不安でたまらないでしょ。

妊娠中とか、元気だったのにとか、何歳で発病したとか関係ないじゃん。







って思いつつも、何も返せずウンウンうなずく自分。

そうだよね、本当にうちの子がいいなーって思ってないのも分かってるよ。








でもなー、もう1回書くけど



妊娠中から病気でよかったなんて

一度も思ったことない!!

初めから障害あるから言ってくんの?

みんな頑張ってんでしょ?

そんなの比べて何になるんだよ。











なんてね。


ごめんなさい、モヤッとしてしまいました。













にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
「あなた達にはわからないでしょうね!」っていう去年の人思い出した

聴力障害

入院生活も慣れると、自分の寝ぐせすらも気にならない。

ダメ人間度がグングン上がって行くので、早く退院したいのであります!

あ~、検査日が近づいてくる~ドキドキだわ。





という事で、

前回書いた粘膜障害の症状と思われていた胃残過多。

おかげさまでだいぶ落ち着いて来ました

いつもの注入時間なのに、胃残60ccあるんですけど!注入デキネッ!(◎_◎;)

っていう日々でしたが、白血球が増えてきたと同時に

胃残も減っていき、注入量も段々元の指示通りに入れられそうです☆

白血球って本当に大事だわ。





そして前回に引き続き、今回も抗がん剤の代表的な副作用について書こうと思います。

タイトルにも書いた「聴覚障害」についてです。




息子さんのお耳事情は、トゥリオ現象がありますが

以前聴力検査をした時は(1歳くらいかな?)、異常ありませんでした。





息子さんが肝芽腫だと分かり、病気の説明を受けた時に



息子さんに使う薬(アドリアシン、シスプラチン、パラプラチン)は、ほぼ確実に聴力障害が出ます



と、言われたのをハッキリと覚えてます。




でも、日常生活に支障が出るほどじゃないよ

体温計のピッって音が聞きづらくなる程度だよ~


とも言われました。



その時は「マジかよ!?」って思ったけど、聴力よりもまず命を救ってほしい一心だったので

全然気にとめてなかったのであります( ̄^ ̄)ゞ








…そりでそりで、治療を終えた息子さんの聴力はいかに!?ってことなんですが、



今のところ、特に問題なく過ごしております(笑)



息子さんは体温計の「ピッ」に元々反応しないし~。








だけど気になることが…




それはなんでも耳に当てて聞くようになったこと!


オモチャはもちろん









こんな重いタブレットのオモチャまでも







顔がつぶれようが、耳に当てて聞きます。




…やばい!

やっぱり抗がん剤の副作用で、耳に当てないと聴こえないくらい聴力落ちたんじゃないの!?(゚o゚;;



って初めは焦ったんですよ。



でもよく考えると、これ毎回じゃないし、頻度は今ほどじゃないけど治療前からやってる行動。


しかも、私の声には変わりなく振り向くし、

少し遠い所で物が落ちた音がしてもビビる。
(ビビラーでございます)





ん?って思うのが、音が出ないものでも、耳に当てるようになったこと。

前回登場の下敷きさんまでも




チューブも









なのでさっぱりよく分からんのです。





先生に相談しても、特に困ってないし今は様子見とのこと。







物を耳に当てるのは、単に遊んでいるのか?

すごく聴力下がったわけじゃないけど、耳に違和感あるのか?


聴こえない様子は全くないけどねぇ。











謎は深まるばかりです…














にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
チケット取れちゃったよ…どうしよ。