マイペースでGO!GO!GO!
~病気と障害とともに生きる息子と、のんびりママの日常~

回復

息子さん、やっと回復してきました

今回もコメントやメール下さった方々、ご心配いただきありがとうございました。



まず、今回の入院は先日下痢と発熱で救急外来に連れてってから回復せず

その2日後に外来連れってって、そのまま入院となったわけです。

でもその時は本当に下痢と発熱だけで、息子さんも辛そうながらも笑う余裕はあったのです。




で、入院した夜から少し痰増えてきたかな?って思ってたけど、その日は普通に寝れたからあまり気にせず。

次の日、起きた時は普通だったのが夕方から咳と痰が止まらなくなり

明らかに息子の表情と呼吸がおかしくってナースコール。

先生や看護師さんがワーっと来て、アンビューや酸素ガンガン上げて下さって助けてもらったのです。



今回具合悪くなった原因は、まず胃腸炎ではなくこないだの偽膜性大腸炎。

前回の抗生剤バンコマイシン内服で菌が消え切ってなかったので

また下痢と発熱が出てしまったのです。

それに加え、偽膜性大腸炎で弱っているところに

いつもより大きめの喘息発作がドカーンとやって来てしまったというわけです。

(肺炎かと思われたけど、肺のレントゲンが数日前の救急外来で撮ったやつよりキレイになっててズコッ!って心の中でなったよね)






一時は酸素7リットル流してましたが、久々登場のプレドニン様のおかげでだいぶ減らせる事が出来てます。

熱は割とすぐ下がり、下痢Pはバンコマイシンを前回より多めに内服していて

先週末から水下痢P脱出して、かわいいいつものウンPに近づいています。





もちろん、こんな状態になってしまったので

浮かれていた小児外科でのカニューレ抜管は中止。

でも、今回のことが抜管後だったら…と思うとゾッとします。

私の勝手な予想だけど、ICU行ってたんだろうな、って思います。

まだまだ息子さんには気管切開が必要なんだと痛感。

早く声が聞きたくて、会話がしたくて浮かれていたけど、これが現実なのですよね。

まあカニューレ抜管の話はなくなったわけではないと思うので、相談出来る状態になったら

小児外科の先生に話を聞いてもらいたいと思ってます。








回復して元気になってきたので、暇を持て余す息子。


1人かくれんぼをするも、足が出まくり


今回も感染の心配があるので個室で部屋から出られません(>_<)

大好きな散歩が出来ず、かなり暇そうです。









しかしながら、久々にこんな状態な息子さんを見て、私怖くなって吸引する手が震えてました…

状態がおちていくのがあっという間だったので、本当に怖かった。

障害児の母やってんだから、どんな時でも冷静に対応出来る母じゃないとダメですね。






酸素外れるのと、点滴外れるまであとちょっと!


早く帰ろうZE.






にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
誰だよ床頭台に香水かけたやつ(怒)
スポンサーサイト

また入院

また入院してます。

下痢と発熱で入院したんだけど、

何故か入院した夜からどんどん呼吸状態がおかしくなり

今、酸素7リットル流してやっとサチュレーション保ててる感じです。

今回もまた偽膜性大腸炎の疑いがあるので

抗生剤も簡単に使えず、色々検査してもらってるんですが原因が分かりません。



なんでこんなことになっちゃったんだろ…

偽膜性大腸炎でこんなに呼吸状態に影響出るの?

そばにいて、どんどん悪化していくので正直怖いです。

当たり前にしてた呼吸が、なんでこんなに苦しそうなんだろう。





苦しい顔ばかり見てるのはとても辛い。

でも一番辛いのは息子だからね。

はやく良くなりますように。







にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

はじめまして

とりあえず、やっとブログ完成ーっ。

2011年、念願だった母になりました。
予定よりも2ヶ月早く息子に会うことになり、急に母になってオドオド。
そして息子はいくつもの病気をもって産まれてきました。

生後11ヶ月手前に病院からおうちに帰ることができ、在宅看護生活が始まりました。
毎日がパニックで疲れるけれど、息子が生きていてくれて、しかもおうちで一緒に暮らす事が出来ている。
大変なこともあるけれど、笑顔が見れるだけで幸せになります。

同じ病気や障害を持つお子様のご両親に
少しでも情報交換などが出来れば幸いです。

あ、息子の事だけではなく、私の趣味や日常もグイグイ書いていきますので^^;

ちまちま更新になると思いますが、どうぞよろしくお願いします☆



DSC_0674_convert_20130312161710.jpg